*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬猫への点眼の秘訣
最近あたし、獣医さんのお世話になりっぱなしなの。
好きでお世話になってるわけではないんだけど、
ならざるを得ない状況になってしまうことが多いのよね。

犬猫への点眼の秘訣1 017_1 
 ↑ マリリン8歳頃(2年前)です


3月末頃は、
右目の白目の部分が真っ赤に充血していて、
目をしょぼしょぼさせているってことで、
びっくりしたおかあさんに連れて行かれたの。


フローレス検査(緑色の液体を目に垂らして、傷を確認する検査)を
していただいたところ、
突発性慢性角膜上皮欠損との診断。
なんだかよくわからないけど、
角膜の表面にびらんができているんだって。


…で、あたしの大キライな目薬を、
とにかく数多くさすようにと言われたおかあさんは、
目薬を握りしめて向かってくるんだけど、
素直にいうことをきくようなあたしじゃないのよね。


はりきってるおかあさんの魔の手からなんとか逃れようと、
唸ったり鼻にシワを寄せながら威嚇してみたんだけど、
敵(←おかあさん)も去る者、そう簡単には引き下がらない。
ちょっと油断したすきに目に液体を入れられちゃったんだけど、
意外にもその後、痛かった目がちょっと楽になったの。
それに、思ったほど苦痛でもなかったしね。


その上ごほうびのおやつももらったから、まあいいかなと。
それからは、抵抗するのはちょっとだけにして、
じっとしていてあげることにしたんだ。

犬猫への点眼の秘訣2 006_1 
 ↑ マリリン8歳頃(2年前)です


犬猫への点眼の秘訣は、
どんなに嫌がっても、
何がなんでもさすんだという
強い意志を持って臨むことかな?
ちょっとぐらい唸られたり威嚇されたりしても、
そんなことでひるんでたら、舐められちゃうんだからね。


あと、前から向かって来られると逃げたくなっちゃうから、
さりげなく後ろから近づいてきてくれる方がいいな。
気がついたらそこにいたって感じがいいのよね。
できればごほうびなんか用意してくれたら最高ね。

犬猫への点眼の秘訣3 021_1  
 ↑ マリリン9歳頃(1年前)です


目の具合がよくなったと思ったら今度は、
お尻(正確には肛門)が真っ赤に腫れちゃったの!
足とお尻は、
毎日洗ってるのになんで赤くなるのかがわからないって、
おかあさんは途方に暮れてるの。
なんでだろ?
お散歩時にアスファルトの上でお尻歩きをしたのが原因かな?


また動物病院に連れて行かれて、今度は軟膏を処方され、
これは今までにも何度も経験済みだから、
目薬ほどは抵抗もしないで塗らせてあげたんだ。
でも、なかなか完治はしないの。
もうしばらく塗り薬のお世話になりそうな予感。


動物病院の待合室は、あたしみたいな高齢の犬猫でいっぱいよ。
トシをとると、あちこち故障が増えてくるのよね…はぁ…。

                 マリリン でした





テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

大変でしたね…
マリリンちゃん、お目目もお尻も大変でしたね。
早く良くなるといいですね。
お大事になさって下さいね!!
ワンコやニャンコの目薬って、本当に大変ですよね…
うちも目薬を持って、こっそり後ろから近づいて、ひーが振り向いた瞬間にポタリとやってます。
点眼後、暫く警戒されてちょっと悲しいですが、心を鬼にして続けています。
(ちなみにひーは花粉症です)
マリリンちゃんが一日も早く良くなることを、ひーと共に願っています。
>でれすけさん
ご心配ありがとうございます!v-254

お尻はね…ここ3年ほど、
毎年この時期に同じような症状に悩まされているんですよ。
でも、ようやく赤味も腫れも引いてきて、
ほっとしているところなんです。v-278

目は自分で無意識のうちにひっかいたのか、
私たちが見ていない時にレオとやり合ったのかわからないのですが…。

花粉症だと、かなり長期間点眼の必要があるのでしょうね。

>振り向いた瞬間にポタリ

これが結構難しいんですよね。
私の場合、一回で決めるためには、
もっと経験を積む必要がありそうです。

ひーちゃまの花粉症、早くおさまりますように。v-421
オドロキ
目薬さすの、大変そうですね・・・!
失敗してるうちに、薬が無くなっちゃいそうです。
それにしても、ベリーさんが書いてるのに、ほんとにマリリンちゃんの心の声みたい・・・。
気持ちが良く分るんですね!

ところで、でれすけさんとのコメント読んだのですが、動物にも花粉症あるのですね!?
近代化を生きる人間だけの文明病(?)のようなもんだと思ってました。
オドロキです~!
>トーコさん
動物の心の中が読めたら、
どんなに良いかといつでも思ってますが…。

でも、表情やしぐさ・行動をよく見ていると、
望んでいることやイヤがっていることは、
なんとなくですがわかるような気がするんですよ。
飽くまでも「気がする」だけですが。

「…ったく、いつまでたっても気が利かない飼い主ねっ!」
…な~んて、
本人(犬)はイラついているかもしれません。v-388

動物が花粉症になるって、
一緒に暮らし始めるまでは知りませんでしたよ、私も。
下痢をしたときにはビオフェルミンがよく効いたりと、
症状も薬も人間と同じということも
結構あるようです。v-278
RSSフィード
プロフィール

ベリー

Author:ベリー


わが家のちっちゃな住人(犬猫)のあれこれと 日々思うことを書いてます。
時々は映画の感想も書くかも♪

更新はの~んびりになると思いますが、思い出したときにでもちょっとのぞいてやって下さいね。


旧ブログも見て下さるという奇特な方は
こちら からどうぞ

カテゴリー
最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

マリリン

何かのアレルギー?2 057_1 

(パピヨン♀ 2001.7.6生)

犬嫌いだけど人間(老若男女問わず)大好き。
争いごとを好まない平和主義者。

レオが同居人(ネコ?)になってから
ちょっと情緒不安定気味だったが、
小太郎&小次郎が現れたときには、 もう慣れたのか開き直ったのか
全く動じることもなく、
日に日にパワーアップしている。

レオ

レオプロフィール

(元ノラ ♂ たぶん2006.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃うちのコになる。 いつも周りを全く気にせず好き勝手に行動して、 毎日のように叱られても全く動じることのないタフなヤツ。

・・・でも、小太郎と小次郎が現れてから、ちょっとビビり気味。

意外にもナイーブな一面があることが判明。

小太郎
元気になった小太郎

(元ノラ ♂ たぶん2008.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃、
小次郎とともにウチのコになる。

あまり丈夫じゃないせいか、
何をするにも小次郎より一歩出遅れる。

そのクセ態度はジャイアンで、
常にマイペースを崩すことなく、
その悪人(猫)顔のせいか、
4匹の中で一番エラそうに見える。

小次郎
元気になった小次郎2 

(元ノラ ♂ たぶん2008.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃、
小太郎とともにウチのコになる。

片目ながら、そのハンデを全く感じさせないパワーで、
毎日のように小太郎とのプロレスごっこに励むエネルギッシュなヤツ。

鳴き声は澄んだソプラノで、
3匹の中で一番かわいらしい。
お聞かせできないのが残念!
最近のコメント
お気に入りリンク
メールはこちらへどうぞ

   メール

 ↑ から送信できない場合は
 ↓ のメールフォームからどうぞ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
リンク
犬の十戒

猫の十戒

犬の聖歌

虹の橋
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー(旧ブログ)
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。