*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬猫たちのこと
未だに辛い避難所暮らしを続けておられる被災地の方々の
ご苦労を思うと、本当に言葉もありません。


そして、辛い思いをしているのは動物たちも同じなのでしょうね。
運よく飼い主さんとともに避難所暮らしをしているコたちも、
長期間になってくるとやはりそれを続けることが
無理な状態になってしまうようですね。
遠く離れた里親さんに引き取られることになった愛犬(猫)との
辛い別れを余儀なくされる飼い主さんの悲しみは、
想像しただけで涙が出ます。

犬猫たちのこと 004_1 

これまでペット関係のテレビ番組で
幾度となく見てきた別れのシーンなのですが、
何度見ても慣れることはありません。
それでもまだましなのですよね。
被災地に残され、食べるものもなく徘徊する動物たちの姿は、
もうかわいそうで見ていられません。


でも、そんな動物たちを救おうと
保護活動をなさっている方々もいらっしゃるのですね。
本当に頭の下がる思いでいっぱいです!

犬猫たちのこと 048_1 

私の住む地域も、
大地震が起こる可能性が高いとされているので、
他人事ではないのです。
その時に4匹の犬猫たちをどうするかということが
わが家にとっては大きな問題なのですが、


彼らを置いて人間だけが逃げるなんてことは絶対にできない!
たぶんできないと思う。
できないんじゃないかな?



…なんて、
さだまさしさんの曲にのせて茶化してる場合じゃないですね…すみません…

犬猫たちのこと 104_1 

やはりどう考えてもできません!!!
避難所に連れて行くというのも、
1匹ならともかく、4匹となると難しいでしょう。
いや、1匹でも難しいかも。
動物と一緒に暮らしたことのない方や、
もともと動物嫌いの人にとっては、
ただでさえストレスのたまる狭い避難所での
動物の匂いや鳴き声は、
迷惑以外の何物でもないのでしょうね。
それも当然だと思います。


でも、一度でも動物と一緒に暮らしたことのある方なら
わかって下さるとおもいますが、
一緒に暮らす動物たちに対する気持ちは、
人間に対する気持ちと全く変わりないのですよね。

犬猫たちのこと 085_1 

いざというときのために
一応部屋のすみにキャリーバッグを4つ準備してはあるのですが、
たぶん避難所に行くことはないでしょう。
家か車の中で暮らすことになるのかな?
どうするのが一番良いのか、いくら考えても答えが出ません…


テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

うーん
地震から一ヶ月が過ぎて、落ち着いてきたからでしょうか。
ペットとの避難とか、野生化したペットや餓死した家畜の話題もニュースになるようになりましたね。
津波で海上を3週間漂流していた犬が保護されて、無事に飼い主のところへ帰ったニュースもありましたね。
再開した時、犬は尋常じゃない喜び様だったそうです。
やっぱり飼い主と離すのは可哀相って思うけれど、アレルギー疾患や喘息の方なども、ひとつの空間で生活する
可能性もあるので、トラブルは避けたいし、万が一の事があってはいけないし・・・。
ほんとにどうしたら良いんでしょうね、避難所の駐車場に駐車した車の中ならOKなのかしら?
その時の状況に応じて、飼い主に判断が迫られるんでしょうね。
自宅に居られる知人宅に一時預けるなど出来たら、少しは安心なのでしょうけれど。

私の住む地区は、避難所に行く方は少なくて、たいがい自宅で過ごすことが出来ました。
去年から柴犬を飼いはじめた友人は、隣町まで自転車でペットフードを買いに走ってました(ガソリン不足だったので)。
とりあえず、ペットフードの予備があると緊急時に慌てないで済みそうですね。
ペット連れの被災者が倉庫に追いやられていた…という報道もありましたね。
ペット可の避難所はほとんどないようなので、本当に深刻な問題だと思います。
大事な家族の一員を見捨てて逃げることはできませんよね…。
我が家では、まずは自宅、それがダメなら私の実家、猫好き友人宅、旦那の実家…と、ひーの緊急避難先を決めています。
余震が続いているので、うちもゲージを常に用意しています。
早く落ち着いて欲しいですね…。
>トーコさん
>津波で海上を3週間漂流していた犬が保護されて、
>無事に飼い主のところへ帰ったニュースもありましたね。

倒壊した家屋のがれきの上にいた犬が
レスキュー隊に保護されたニュースなら私も見ました。
同じものなのかな?

これはもうあり得ないようなすばらしいドラマですよね!
私も感動のあまり涙が出ましたよ~!v-425

やはりペット連れで避難所というのは難しいでしょうね。
4匹もいるわが家はなおさらですが…
かなり揺れの大きかったトーコさんの地域でも、
ご自宅で過ごすことができたのですね。
やはりできることなら避難所暮らしは避けたいですよね。

避難所では、人間のものでもなかなか供給されないのに、
ペット関係のものなどまず期待できそうもないので、
フードやトイレシーツ・猫砂などは
買い置き(買い占めではなく!)しておかなくては。v-355

地震が起こらないことをひたすら祈るしかないです…v-421
(↑ 全然前向きじゃない結論…v-292
>でれすけさん
倉庫ですか!?
それは知りませんでしたが、あんまりですよね!
ペット(連れの人)が後回しになってしまうのは
どうしようもないこととはわかっていても、なんともやりきれないです…v-406

ひーちゃまのようにおとなしくておりこうなネコさんなら良いのですが…
わが家の場合マリリンは預かってもらえそうですが、
あとの3匹は全員問題児(猫)なので、預け先を探すのが難しいです。

レオは噛み癖あり、小太郎は病気がち、
小太郎と小次郎はウールサッキングが治らず、
相変わらず布を食べてはしょっちゅう吐くし…v-393
やはり、家が倒壊しない限りは家、あるいは車の中にいるしかないかな?

もし倒壊したら…もう想像したくない!
(↑ ネガティブコメント、すみませんv-388
RSSフィード
プロフィール

ベリー

Author:ベリー


わが家のちっちゃな住人(犬猫)のあれこれと 日々思うことを書いてます。
時々は映画の感想も書くかも♪

更新はの~んびりになると思いますが、思い出したときにでもちょっとのぞいてやって下さいね。


旧ブログも見て下さるという奇特な方は
こちら からどうぞ

カテゴリー
最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

マリリン

何かのアレルギー?2 057_1 

(パピヨン♀ 2001.7.6生)

犬嫌いだけど人間(老若男女問わず)大好き。
争いごとを好まない平和主義者。

レオが同居人(ネコ?)になってから
ちょっと情緒不安定気味だったが、
小太郎&小次郎が現れたときには、 もう慣れたのか開き直ったのか
全く動じることもなく、
日に日にパワーアップしている。

レオ

レオプロフィール

(元ノラ ♂ たぶん2006.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃うちのコになる。 いつも周りを全く気にせず好き勝手に行動して、 毎日のように叱られても全く動じることのないタフなヤツ。

・・・でも、小太郎と小次郎が現れてから、ちょっとビビり気味。

意外にもナイーブな一面があることが判明。

小太郎
元気になった小太郎

(元ノラ ♂ たぶん2008.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃、
小次郎とともにウチのコになる。

あまり丈夫じゃないせいか、
何をするにも小次郎より一歩出遅れる。

そのクセ態度はジャイアンで、
常にマイペースを崩すことなく、
その悪人(猫)顔のせいか、
4匹の中で一番エラそうに見える。

小次郎
元気になった小次郎2 

(元ノラ ♂ たぶん2008.10月頃生)

生後推定1~2ヶ月頃、
小太郎とともにウチのコになる。

片目ながら、そのハンデを全く感じさせないパワーで、
毎日のように小太郎とのプロレスごっこに励むエネルギッシュなヤツ。

鳴き声は澄んだソプラノで、
3匹の中で一番かわいらしい。
お聞かせできないのが残念!
最近のコメント
お気に入りリンク
メールはこちらへどうぞ

   メール

 ↑ から送信できない場合は
 ↓ のメールフォームからどうぞ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
リンク
犬の十戒

猫の十戒

犬の聖歌

虹の橋
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー(旧ブログ)
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。